ポピュラーな給与形態の、時給とは。

ポピュラーな給与形態の、時給とは。
CONTENTS
ポピュラーな給与形態の、時給とは。

社長の時給を考えてみる

PAGETITLE
最近では多くの人が稼ぎたいという理由から会社を経営していくということが多くなってきています。しかしこうしたときに社長は会社を立ち上げたときから軌道になるまではある程度休みも返上して働いていくということが考えられています。しかしこうしたときに段々と考えに変化をつけていくことが大事で、自分の仕事している時間を時給計算してみることが大事になっていきます。自分の働いている時間が長いと時給も下がりますし、相対的にサービスの質なども下がってくるということがあります。これでは満足のいく仕事ができないということがあります。

さらに社長は会社の成果のみを評価しなければいけないですが、自分が働きすぎるということで長く働くことのほうが正しいという価値観を押し付けてしまうため社員が成果を出しづらくなります。さらに社員も長くいればいいということで成果に拘らなくなり会社の業績もなかなか伸びていかないということがあります。社長である人はもちろんですが、社長であれば社員の人たちの時給も細かくチェックしていくことが必要になりますし、さらには少ない時間で成果を出しやすい仕組みを社長が率先して作っていくことが大事になっていきます。

Copyright (C)2017ポピュラーな給与形態の、時給とは。.All rights reserved.